ゆうきゆうこと安田雄一郎さんが文春砲を浴びましたね。

 

その内容を見て僕びっくりしました…

 

一人の男として少し異常な感じが…

 

カリスマ精神科医として名をはせる裏側ではとんでもないことがあったのです…

 

今回はゆうきゆうこと・安田雄一郎さんの文春砲の内容と、ゆうメンタルクリニックの評判なんかを調査してみました。

スポンサーリンク


【驚愕】ゆうきゆうの文春砲の内容について

 

ゆうきゆうさんは文春にて19歳の未成年と関係を持ったとして、報道されました。

 

しかし、担当弁護士は報道内容に関しては現在のところ否定しています。

 

文春砲と言ったら一度の報道だけで終わりませんよね。

 

小出しにすることで、相手の言い訳が間違っているような報道の仕方をするのは多くの人がご存知かと思います。

 

そして、今回の文春砲の内容について現時点でわかっていることについてまとめました。

 

ゆうきゆう氏は相手女性・Aさんの弱みに付け込み、利用していました。

 

Aさんは精神的に様々な問題を抱えています。

 

二人が出会ったきっかけはゆうきゆう氏の開催した心理学のイベント。

 

そこにAさんが参加し、連絡先を交換したことが始まり。

 

相手は精神科医としてカリスマと呼ばれる地位の存在。

 

また尊敬していたということもありAさんも連絡先を交換できて嬉しかったのだと思います。

 

その結果、ゆうきゆう氏の自宅への誘いに乗り関係を持ったとのこと。

 

また、関係を持った時の日がちょっとずる賢否と僕は思いました。

 

Aさんとゆうきゆう氏が関係を持ったのはなんとAさんの18歳になる誕生日。

 

17歳だと大きな問題になりますよね。

 

それを見越して、18歳になったのを狙ったゆうきゆう氏は明らかに狙っていたということが伺えます。

 

それ以来、週に1・2回 Aさんはゆうきゆう氏の自宅で関係を持ったとのこと。

 

また関係を持った際にゆうきゆう氏はこんな一言を言っています。

 

『ピルはすぐに処方できる』

 

そう言って避妊をしなかったとのこと。

 

『カリスマ』というブランド、医師という地位。

 

Aさんが尊敬している心理を散々利用したゆうきゆう氏。

 

今回の文春砲だけで終わるのでしょうか?

 

まだまだ出てくることが考えられます…

スポンサーリンク


ゆうメンタルクリニックの評判はどうなのか?

 

マンガで分かる心療内科の原作となったゆうメンタルクリニック。

 

漫画ではその内容に大きな反響があり、大人気となった作品。

 

果たして元となったゆうメンタルクリニックの口コミや評判なんかはどうなんでしょうか?

 

・自費になるがカウンセリングは丁寧に行ってくれる

・薬を欲しい時はすぐにくれるから楽

・当日でも予約が取りやすくて便利

 

いい評判が目立っていました。

 

しかし、院によって先生も変わってくるために相性の良くない先生に当たるといい印象を抱かない人もいるような評判がありました。

 

ゆうきゆう氏のように個別に連絡先を交換して、会ったりするなんていうのはないかも。

 

しかし精神的に弱っている人の場合、隙に付け込む先生がいたりするかもしてませんね…

 

まとめ

 

カリスマ精神科医に文春砲が行きましたね。

 

今回の報道がもし真実なのであれば、ゆうメンタルクリニックの方も評判が落ちる気がします。

 

ゆうきゆう氏も42歳。

 

いくつになっても本能を抑えきれないみたいですね…

スポンサーリンク