東名追突事故の犯人である石橋和歩が逮捕されたのは、多くの人が知っていることかと思います。

 

テレビを見てもニュースを見てもこの事故のことで持ちきり。

 

しかし、東名追突事故で最も罪が重くなるのはトラック運転手らしいのです…

 

誰なのか気になるところ…

 

世間的には石橋和歩が一番悪いと思われていますし、これを書いている僕もそう思います。

 

トラック運転手も逮捕され散々な結果。

 

なぜトラック運転手の罪が重いのか?

 

ちょっとまとめてみました。

スポンサーリンク


トラック運転手が誰なのか気になる…

 

東名追突事故を引き起こした張本人である石橋和歩が逮捕されました。

 

しかし、トラックが突っ込まなければ今回のような事故は起きなかったと、専門家は言います。

 

トラック運転手が悲惨すぎですよね。

 

追突することによって、2人の命が失われているために逮捕されてしまったとのこと。

 

張本人の名前が公開されていますが、トラック運転手の名前も公開されるかと思いきや、実名公開されていません。

 

完全に被害者だとも思うので、むしろ正解だとも思います。

 

トラック運転手が誰なのか気になりますが、被害者の一人だとも思うので公開しなくてもいいかと思うんですよね。

スポンサーリンク


なぜトラック運転手の罪が重いのか??

 

一見すると被害者に思えるトラック運転手。

 

しかし、最も罪が重いと言われています。

 

そもそもトラックであろうとも車を運転する際、高速道路でも常に運転には注意を払っておく必要があるとのこと。

 

高速道路の追い越し車線という本来なら車が止まっているはずのない場所でも『車が停まっているかもしれない』ということを想定して運転する必要があったということ。

 

また、車の運転に対する事故ですが、ハンドルを握った状態で事故にいたるか、ハンドルを握らずに事故に至るかでは罪の重さが違うという事実。

 

ハンドルを握りながら(運転しながら)事故を起こした方が罪が重いということ。

 

今回の東名高速追突事故を引き起こした石橋和歩は運転をやめ、車から降りた状態でした。

 

そのためにハンドルを握りながら運転していたトラック運転手よりも罪が軽いというのです。

 

しかし、石橋和歩が事故前の乗用車の運転中に幅寄せや急ブレーキなどをした際に事故を起こしていた場合は罪が重くなっていたということ。

 

高速道路の追い越し車線なんて、車が停まっているなんて思いませんよね。

 

トラック運転手を不憫に思ってしまいます…

スポンサーリンク