漫画家の高畠エナガさんがなくなったという情報が入ってきました。

 

あまり漫画を読まない僕なので高畠エナガって誰?って思ったんですよね。

 

なのでどんな作品を書いていたのか、高畠エナガさんの本名は何か?

 

漫画家と言ったらいろいろ明らかにされないことなど、ちょっと調べてみまとめました。

スポンサーリンク


高畠エナガさんって誰??

 

漫画をあまり知らない人なら多くが高畠エナガさんって誰?なんて思ったのではないでしょうか。

 

というか僕がその一人。

 

なので一体どんな人だったのかちょっと調べてみると、なんと年齢は29歳という若さ。

 

一般的に脳梗塞って聞くと、高齢の人がなる病気というイメージが強いですけど、29歳という若さでもなるんですね。

 

作品が気になる!

 

漫画家ということが判明した高畠エナガさん。

 

知らず知らずのうちに作品を見ていたかもしれない。

 

そう思ってどんな作品を書いていた過去があったのか調べてみると

 

連載漫画

・Vippers(週刊ヤングVIP)
・鉄鋼甲冑 サムライ(週刊ヤングVIP)
・閃光のライトニングハイド(集荷ニャングVIP)
・ZELBESTY
・100-HANDRED-(スーパーダッシュ&ゴー!)
・人魚の花籠(スーパーダッシュ&ゴー!)
・GODSPEED(ミラクルジャンプ)

上記のうち鉄鋼甲冑、閃光のライトニングハイド、人魚の花籠は連載が休止していました。

 

また、連載だけでなく読み切り漫画もあります。

・創造建築子(月刊コミックニート)
・Reversi(ジャンプスクエア)
・Bonus Gamer Coming out!(スーパーダッシュ&ゴー!)
・女装兄弟(スーパーダッシュ&ゴー!)

 

さらには短編集もありました!

・Latin 高畠エナガ短編集1
・100-HANDRED-高畠エナガ短編集2

 

以上のようにたくさんの作品を手がけていました。

漫画をあまり読まない僕は知らない作品ばかり…

 

知る人ぞ知るというマニアックな漫画家さんのようです。

スポンサーリンク


本名が気になる!

 

漫画家と言ったらほとんどの人がペンネームなどで活動されていますよね。

 

高畠エナガさんもそう。

 

まさかこれが本名だなんて思いませんよね。

 

しかし、そこは漫画家。

 

本名を明かさずに漫画家として活躍されていたみたい。

 

漫画家として活躍するなら本名を別に公開する必要もないとも言えますよね。

 

脳梗塞になる前から異変があった?

 

高畠エナガさんは脳梗塞でなくなる前にMRIを取っていたと言います。

 

検査をしても病気になるときはなるんですね。

 

でも一体なぜMRIを撮る気になったのか?

 

調べてみると、高畠エナガさんには脳梗塞になる前から体調が悪かったようです。

 
肩こりに悩んでいたとか、
 

薬を服用していたとか、

 

どうやらMRIを受けたのも、体調が悪かったせいみたいですね。

 

漫画家と言ったら座ってばかりで動かないイメージがあります。

 

そのせいで肩や背中などが凝って、頭痛なんかにつながったのかなんて思いました。

 

頭痛の裏には危ない病気なんかが隠れているという話も聞きます。

 

高畠エナガさんの頭痛の裏には脳梗塞が潜んでいたようですね…

 

まとめ

 

最近では漫画家の優さんという人も若くしてなくなりました。

 

若いのに才能のある人が多いのは残念ですね。

 

高畠エナガさんもこれからという時だったと思うと…

 

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク