仙台国際ホテルの料理長が鎌田あゆみさんに暴力と暴言を繰り返したことで鎌田あゆみさんに被害届を出されていることが判明しました。

 

男性が女性に暴言を吐くところなんかはニュースなんかでよく見かけますよね。

 

でも今回のニュースは言葉だけでなく実際に暴力を振るってしまったというから驚き。

 

今のご時世そんなことがあるなんて驚きですよね…

 

今回は女性社員の鎌田あゆみさんに暴力と暴言を吐いた40代料理長の中川浩司とは誰なのか?

 

名前と一緒に驚くべきパワハラの内容について調査しました。

 

また、僕が飲食業界で働いた経験とともにお話ししたいと思います。

追記あり!

スポンサーリンク


仙台国際ホテルの料理長の中川浩司とは誰なのか?

 

仙台国際ホテルの料理長を調べてみると、フランス料理の中川浩司さん、中国料理の羽田満さんがいらしゃいます。

 

被害者である鎌田あゆみさんは専門学校を卒業後に仙台国際ホテルに正社員として採用され、7月にはフレンチレストラン『セラン』に配属されています。

 

なので、鎌田あゆみさんに暴力と暴言を吐いた40代の料理長の名前は中川浩司さんということになります。

 

冬には全国的に有名な札幌まつり氷の祭典で優勝という輝かしい経歴の持ち主。

 

仙台国際ホテルのホームページに掲載されている中川浩司さんを見ていると、とても暴力などをするようには見えません…

 

人は見かけによらない

 

そんな言葉がよくない意味であっているのかもしれませんね。

 

パワハラの内容とは何?

 

仙台国際ホテルの料理長・中川浩司さんが鎌田あゆみさんへのパワハラの内容ですが、調べてみて驚きました。

 

そもそもセランに配属された鎌田あゆみさんは生まれつき両朝に麻痺があるそうなんですね。

 

そして障害等級4級。

 

そのせいか中川浩司さんから『お前の触ったものを触ると障害がうつる』なんてひどい言葉を浴びせられていたとのこと。

 

40代なのに言っていることが小学生のような内容に思えてしまいますね…

 

また、男性が女性に暴力を振るう点でも驚きです。

 

その暴力に至った経緯が仕事の波長が合わないということで左頬を右手で殴られ鼻血を出すまでに。

 

追記!

 

暴行などの内容がさらに判明!被害者女性の包丁ケースに性的な内容の落書き。

 

顔や首を鷲掴みにされること。

 

また、他の男性従業員から頭をつかまれガス台の近くに頭を押さえつけられ頭髪を焼かれるなどといった行為。

 

鎌田さんには両足の麻痺があるので、どうしても動きなんかを合わせようとしてもうまく合わせられないこともあるかと思います。

 

その人にはその人にあった仕事を任せることも料理長の仕事だと思うんですよね。

 

昨今、障害者に対する接し方でも様々なニュースが飛び交っています。

 

今回のような暴言は社会的に見てとても許されるものにはならないのではないでしょうか。

 

また、加害者である料理長以外にも男性従業員にも被害届を出すそうです。

スポンサーリンク


飲食業界で働いた経験から見る今回の仙台国際ホテルの内容

 

これを書いている僕は過去に厳しい飲食店で働いた経験があります。

 

今回の仙台国際ホテルでの中川浩司さんのような内容を受けたこともあります。

 

そのために僕が働いていた飲食店では人が長続きすることはほぼありませんでした。

 

新しく入った人が翌日からこなくなるなんていうことは日常茶飯事でした。

 

それほど厳しかった飲食店での仕事。

 

過去にもフレンチの有名シェフである三國清三さんの従業員暴行事件もありました。

 

昔に比べてそういったことが少なくなったとはいえ、未だに残る飲食業界の今回のような風潮。

 

有名店であるほど色濃く残っているというのをよく聞きます。

 

よっぽどの精神力などがない限りは飲食業界で働くのはやめた方がいいんじゃないかと思うのが僕の意見。

 

まとめ

 

仙台国際ホテルの料理長と僕の飲食業界で働いた経験を交えてお話ししてきました。

 

飲食業界はブラックとよく言われていますよね。

 

そんな一面がまた表面化した今回の従業員暴行事件。

 

鎌田あゆみさんは精神的にもダメージを負っているようなので心配です…

スポンサーリンク