日本カビが世界的に流行していて命を落とした人までいるというニュースがありました。

 

そもそも日本カビって何?

 

命に関わるほど危険なの?

 

そう聞くと恐ろしいですよね…

 

日本カビなんて聞いても聞きなれない症状とか対策なんてどうしたらいいのかわからない…

 

それに日本でも流行したりするの?

 

色々気になることが出てきたのでまとめてみました!

スポンサーリンク


日本カビの由来

 

日本カビ(カンジダアウリス)なんて聞いても馴染みがありませんよね。

 

そもそも日本カビとは帝京大大学院医学研究科の槇村浩一教授が新種として発見したカビ。

 

もともとカンジダアウリスと言う人が発見していたようですが、新種として見つけたそうです。

 

名前に日本とつくから日本から世界に流行したのかと思いますが、以前から海外でも発見されていたカビなのです。

 

誰にでもあるカビです。

 

どんな症状があるの?

 

日本カビにはどんな症状があるのかというと実は現在のところはっきりとわかっていないんです。

 

というのも、強毒性と言って日本カビは薬に対する抵抗力がないもの。

 

そのためにはっきりとした症状が解明されていません。

 

敗血症出なくなっている人がいるために、悪寒や震え、血圧低下。

重症になると呼吸不全や腎不全などになるといったことも考えられるかもしれません。

 

しかし、流行しているのは病院といった免疫力の低い人達が集まる場所が多いとのこと。

 

そのために免疫力を落とさないように心がければ大丈夫そうです。

スポンサーリンク


対策はどんなことをする?

 

日本カビは薬耐性を持っていません。

※薬耐性とは薬に対する抵抗力のこと

 

流行しているのが病院などといった免疫力の落ちている人に多いということ。

 

そのために対策としてできることは手洗いうがいといった清潔さを保つこと。

 

人混みをなるべく避けること。

 

また、規則正しい生活習慣、栄養のある食生活を心がけることが大切になってきます。

 

こういったことを心がける必要があるようです。

 

日本カビと聞いても聞きなれないので色々心配になってしまいます。

 

日本で流行する可能性は?

 

日本カビが世界で流行しているから日本には存在しないかというとそうでもありません。

 

日本にも存在しているのです。

 

ただ薬耐性があるために大事にならずに済んでいるのが現状のようです。

 

しかし、海外では抵抗力のある日本カビが流行しているようなのでこれから日本でも流行しないとも限りません。

 

また、海外で強毒性の日本カビに感染した人が日本国内に持ち込んだ場合は流行することも十分に考えられます。

 

ウイルスなどを海外から持ち込まれないように近年注意されていますが、心配になってしまいますね…

スポンサーリンク